MOTO.IT

この順序を逆に: 何を読んでいることはコメントであり、あなたの読者がEICMAで特別なカスタムディスプレイ上の実際の記事の下に書きますから、誰が望むだろう 2016: 私は個人的な意見の野生大騒ぎにジャーナリズムとストレート内に外に自分を置きます, 反感/同情カスタマイズのようなもの, そしてその多くの側面, 定義により、それは人生と漸近オートバイの対向方法間の対立の場所であります, 私はこれらの線に単なるコメントを検討して皆を頼みます: 私は喜んで読者を書きます本物.

...

私は説得力ウィンク灯台の数百人に自分自身を配向させるためにしようとするために、, 多くを学ぶために, 私自身は、とりわけ公開考えるMotodesignのスタンドに誘惑とします - 興味深いことに、私の意見では - 特別BASEはZRXをwasakiありません 1100 (「ファック」と呼ばれます) オフィRiunite Milanesiと共同で, 私をたくさん多角形のディスクを興味をそそられました, 同じサプライヤーを設定した厳格な動作を保証するために, そして、個人的に伝説のエンリコDiscacciati!

ドナートCannatello (ドナートは、与えられました。... 理解?), CR内の指定された所有者と設計経験&S, 比類のありません, 戦い, アプリリア, 彼は患者でした, そして私と一緒にチャットを交換することはEICMAで私に彼の視点を公開しました 2016 そして、カスタマイズの未来.

ドナートによって報告与えられたとの意見を入れて, 我々は両方との取引は、プロトタイプを構築したい人のための計画と設計のサービスを提供することを追加します (コンセプトから、プリシリーズへの生産につながります), 彼らのオートバイの「オフフレーム」プロジェクトを尋ねるものを個人の両方.

「奇妙なことに、私たちはduuそのZRXから多くのフィードバックを持っていました, 両方の私たちのブースに出展, duuにもかかわらず、間違いなく、より洗練されたデザインで、半分たくさん安くZRX, しかし、明らかに、ほとんどの「アイキャッチャー"».

そして、どのようにカスタムの中にショーのレベルを評価し、特別です?

EICMAの「レベル, 私たちは、カスタムおよび特別に自分自身を制限している場合, それは数年前よりもはるかに高いと成熟したようです: 現実のartiginaliから, これはまだ例外的な結果を生みます, 私たちは、両当事者のエンジニアリング設計に、より成熟したアプローチへの切り替えをしています. オートバイの観点から, その代わり, 私はハーレー「OPERA」南ガレージを愛し, 非常にエレガント; また、彼はコンテストで優勝しました, あなたがコンテストを知っているとしてではなく、事実上それらを少し「すべてに勝ちます (ドナートは、カテゴリの無数のではなく、非常に多数の参加エディタのノートを参照します); コーナーでは、カスタムの代わりに「少し落ち着いたように見えました, ショーの重要な中心地より少しスペースと分散, これは少し「直観に反するようです: それは最も困難な部分です, invece moltissimi non l'hanno visitata perché non sapevano che era nell'angolo del padiglione 2; è anche vero che c'è una fascia di pubblico che non è proprio interessata al custom, 彼らは背後にあるトランクにV-Stromのを有するものです, しかしピースビレットを見ることを好む多くの本当のファンでもあります代わりにしても、私たちは»を見つけるために管理していません.

カスタマイズの将来について? ドナートには疑問を持っていません:

「画期的な, 私は思います, それは過去からの非常に明確です: 特別な設計で、それはベンチに自転車の残りの部分から消えや即興ました, all'effettuare per prima cosa, 私たちの場合と同様に、, レンダリングや3Dスキャン, その後、コンピュータ上で直接動作し、レコード手側, シートまたは単に3D印刷; 市場の将来をカスタマイズする設計者のスキルでそれを見ることはありません, 今日、誰もがコンピュータを取ると3Dプリンタを設計し、実装して子供を置くことができますので、, 私は、これは法的な要因によって決定されるであろうと思います, come il rispetto delle norme di omologazione e dall'evoluzione dello stile e delle tendenze: この現象は非常にartiginaleカスタマイズどのくらい我々は見なければなりません, credo che l'hand made potrebbe benissimo essere soppianto a breve da un customizing più progettato, 設計し、より»進化.

Un'ultima domanda: ロードバイクにモザイク状のタイヤ理由? (OK, そうLO, è una mia crociata personale...)

«E' stata una scelta del cliente... 私はそれがこの要求ZRX「Maialona」がなければ、あなたが見るように、我々が描かれていないということを教えてくれなければなりません, 腹部の筋肉ではなく、タンクの下部を支えるの概念を理解します, che ci sembra una soluzione... 「ベスト」. おそらく、knobblyタイヤせずに、私たちはあまり角運動をしているだろう, オールラウンダー ".

私はバイクのギャラリーを残します, con l'ammirazione per tutti gli espositori del settore custom e special che di certo non sono lì per un ritorno economico immediato, ma che spesso investono tempo e denaro invasati dalla passione di spostare sempre un pò più in alto l'asticella dell'eccellenza e della follia.